振り込め詐欺警報

 

神奈川県内で平成29年1~3月末までの振り込め詐欺被害総額は約10億円になっており、昨年を上回るペースで被害が発生しています。

 

また、茅ヶ崎警察署管内での発生件数は神奈川県内で最多で、今年はすでに50件以上の被害があり、ひばりが丘でも発生しています。

 

被害者は60歳以上の方で、被害に遭われた方は一様に「自分が詐欺にあうとは思ってもいなかった」と語っています。

 

いわゆる「オレオレ詐欺」以外に、市役所の職員を名乗る者からの「還付金詐欺」も増加しています。

 

被害に遭わないためにも以下のような対策をお願いします。

・電話+お金=「オレオレ詐欺」を詐欺を疑う。

・還付金の電話+ATMへの案内=「還付金詐欺」を疑う。

・ナンバーディスプレイで「番号非通知」や「通知不可能」を表示したときは出ない。

 

・犯人は自分の声を録音されるのを嫌うそうです。

 

 在宅中も留守番電話に設定しておき、留守番電話の案内に対して無言のままであれば電話に出ないようにしましょう。

 

・振り込め詐欺対策機能付き電話の活用

 

・電話番号が変わったというのは詐欺を疑い、前の電話番号に一度かけてみる。